担当科目

長野県立大学での
主な担当科目
健康発達概論
食事摂取基準
応用栄養学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
応用栄養学実習 など
首都大学東京で
担当した主な科目
生活習慣と栄養(学部共通:都市教養プログラム)
ライフステージ健康科学(学部共通:副専攻プログラム)
スポーツと栄養管理(学部共通:副専攻プログラム)
公衆栄養学特論(大学院研究科,博士前期)
特別研究(人間科学副専攻コース、大学院研究科 博士前期・後期課程) など

2017年度までの首都大学東京大学院での特別研究

博士後期課程

2017 中村 彩希 Development of a population intervention program aimed at reducing the disparity in vegetable intake(野菜摂取量の格差縮小をめざした集団介入プログラムの開発)
2015 秦 希久子 自立/自律した脊髄損傷者の食生活と食環境の質の向上を目指したコミュニティ戦略
2015 辰田 和佳子 テーマ:障がい者スポーツ支援

博士前期課程

2017 山中 恵里香 ダウン症がある小学生の日常生活における身体活動量の評価        
2014 中村 彩希 日本人成人における社会経済的地位と食生活に関する横断的研究        
2013 柳 奈津代 環境要因としての保護者の食生活と児童との関係についての検討
2012 秦 希久子 在宅で生活している脊髄損傷者の栄養・食生活の評価に関する検討
2012 若谷 侑宏 テーマ:車椅子ユーザーの活動量評価
2011 大滝 裕美 スポーツをしている児童・生徒の栄養・食生活の評価に関する検討
2010 片山 夕香 知的障害者・身体障害者施設成人入所者の健康・栄養状態の実態把握と栄養アセスメントの課題
2008 小田 浩之 腕時計型行動識別計による脊髄損傷者の活動量評価に関する基礎的検討
2008 仲里 佳美 都留市児童・生徒における食生活の実態と「食卓での話題」との関連

2017年度までの首都大学東京人間健康科学副専攻コース特別研究

2017 滝澤 佳奈絵 生命科学コース 歯周病の関連要因ならびにライフステージ別にみた口腔ケアの意義
2017 森山 碧 生命科学コース 歴史的背景からみた子どもの発育における学校給食の役割
2016 松本 沙弓 都市政策コース 20代ならびに60代の生活満足度と関連する要因についての検討
2016 陳 結希 生命科学コース 3軸加速度計を用いた知的障がい児の身体活動に関する検討
2016 鈴木 雅俊 情報通信システムコース 都道府県別データによる健康寿命・平均寿命に関連する要素の検討
2015 猪崎 風葉 生命科学コース 食料政策の視点で見た食育活動の検証 ~消費者ニーズ対応型モデル事業への参加を通して~
2014 宇佐美 晃寛 法律学コース スポーツ事故の法律問題~安全なスポーツ推進を可能にするために~
2014 中西 優 国際文化コース   「食卓」の新たな定義の提案
2013 宮田 夏奈実 政治学コース 懐かしくて新しい過疎地域とのつながり 〜里山と農ある暮らしで豊かになる〜
2013 名取 由加 生命科学コース セカンドライフにおけるコミュニティ参加 ~シニアサッカー選手の自記式質問紙調査から学ぶ元気の秘訣~
2012 井手 あゆみ 社会学コース 地域資源を活かした新たな宿泊メニューの開発 〜現地調査に基づく過疎集落の魅力再発見!
2012 石川 鞠子 都市基盤環境コース 市民と行政連携による地域振興 〜食をテーマにしたまちおこしの成功事例の分析〜
2012 徳永 華苗 国際文化コース 自由記述回答からみた「食卓」と「健康」に関する消費者意識について
2012 山田 健悟 機械工学コース 上肢に装着したモーションセンサによる日常生活の生活活動量評価における測定部位の検討

続きの記事を読む

2015年度までの首都大以外の卒業研究・特別研究

2015 堀内 沙友里 東京家政大学家政学部
(岡 純先生預かり学生)
地域高齢者の栄養状態とQOL
2014 中嶋 綾香 東京家政大学家政学部
(岡 純先生預かり学生)
サッカークラブに所属するシニア選手の食生活と健康行動の評価
2010 稲留 亜矢 東京家政大学家政学部
(岡 純先生預かり学生)
埼玉県サッカークラブチームのジュニアチームからユースチームを対象とした発汗量の調査ならびに水分補給プログラムの実施
2009 大滝 裕美 東京家政大学家政学部
(岡 純先生預かり学生)
地域サッカークラブに所属する児童の栄養・食生活ー実態調査及び食教育プログラムの企画から評価までー

続きの記事を読む