論文・主な著書など

下線は稲山研学生・元学生・スタッフです。学会誌名に下線のある論文は,J-Stage (https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja) または当該学会誌サイトからpdfファイルがダウンロードできます。

【2017年

Saki Nakamura, Takayo Inayama*, Kazuhiro Harada, Takashi Arao: Reducing vegetable intake disparities with a web-based nutrition education intervention among lower-income adults: a randomized-controlled trial. J Med Internet Res, in press. 2017. doi: 10.2196/jmir.8031(*Corresponding author)(査読有)

西中川まき稲山貴代,北畠義典,根本裕太,荒尾孝:小学4・5・6年生児童および中学1・2・3年生生徒における食事の楽しさと食行動との関連:横断研究.健康支援,第20巻第1号,2018年(平成30年)2月掲載予定(連絡責任者:稲山)(査読有)

食と健康の科学:稲山貴代,大森玲子 編著,小川聖子,加藤勇太,鉄穴森陽子,近藤春美,玉木雅子,根本裕太著,建帛社(東京),2017年3月30日

根本裕太,稲山貴代,北畠義典,荒尾 孝:小学5年生を対象とした身体活動量増加を促す授業介入効果の検討.運動疫学研究,第19巻第1号,12-23,2017(連絡責任者:根本)(査読有)

Kikuko Hata, Takayo Inayama, Nobuo Yoshiike: The association between health related quality of life/dietary satisfaction and perceived food environment among Japanese individuals with spinal cord injury. Spinal Cord, 55(8), 788-793, 2017.(Corresponding author: Inayama) (査読有)

Saki NakamuraTakayo Inayama and Takashi Arao: A randomized-controlled trial focusing on socio-economic status for promoting vegetable intake among adults using a web-based nutrition intervention programme: Study protocol. BMC Public Health,  2017. 17 :74 DOI 10.1186/s12889-016-3907-y (Corresponding author: Inayama) (査読有)

【2016年

中村彩希稲山貴代秦 希久子,松下宗洋,高橋将記,原田和弘,荒尾 孝:成人におけるヘルスリテラシーと野菜摂取行動および社会経済的地位との関連.日本健康支援学会誌(優秀論文賞受賞,第18巻第2号,27-35,2016(連絡責任者:稲山)(査読有)

辰田和佳子稲山貴代秦希久子:障がい者スポーツコミュニティに属する成人肢体不自由者の望ましい食物摂取行動に関連する周囲の支援.日本健康教育学会誌,第24巻第3号,141-149,2016(連絡責任者:稲山)(査読有)

神戸美恵子,赤松利恵,稲山貴代,衛藤久美,岸田恵津:特別報告:学校における食育の評価」の実践に向けて―平成27年度栄養教育研究会公開学習会の報告―.日本健康教育学会誌,第24巻第3号,151-156,2016(連絡責任者:神戸)(査読有り)

稲山貴代:食べることに関わる課題を地域で解決するために.生活協同組合研究(公益財団法人生協総合研究所),通巻484,12-18,2016年5月5日.(査読無し)

町田大輔,中村彩希:アドボカシースキル向上セミナーの報告―若手の声―.日本健康教育学会誌,第24巻第2号,118-123,2016(連絡責任者:町田)(査読有)

中村彩希稲山貴代,荒尾 孝:成人における世帯収入別にみた野菜摂取行動に関連する食行動日本健康教育学会誌,第24巻第2号,65-80,2016(連絡責任者:稲山)(査読有)

栄養教育論:赤松利恵,稲山貴代 編著,會退友美,岩部万衣子,小澤啓子,串田 修,長幡友実,東京化学同人(東京)2016年4月8日

Saki Nakamura, Takayo Inayama, Kikuko Hata, Munehiro Matsushita, Masaki Takahashi, Kazuhiro Harada and Takashi Arao: Association of household income and education with eating behaviors in Japanese adults: a cross-sectional study. BMC Public Health,  2016. 16 :61 doi:10.1186/s12889-016-2748-z (Corresponding author: Inayama) (査読有)

Kikuko Hata, Wakako Tatsuta, Takayo Inayama: Problem with Dietary Habits in Community-Dwelling Individuals with Spinal Cord Injury in Japan: A Qualitative Study. Int J Nutr & Food Sci, 5(1), 39-46, 2016. (Corresponding author: Inayama) (査読有)

【2015年

Kikuko HataTakayo Inayama,  Munehiro Matsushita, and Shoko Shinoda: The combined associations of social participation and support with self-rated health and dietary satisfaction in men with spinal cord injury. Spinal Coad, 54(5), 406-410, 2016(Corresponding author: Inayama)doi:10.1038/sc.2015.166 (査読有)

辰田和佳子貴代秦 希久子中村彩希:障がい者スポーツコミュニティに属する成人肢体 不自由者の食事に「とても気をつける」行動と 関連する望ましい食物摂取行動.日本健康教育学会誌,第23巻第3号,195-204,2015(連絡責任者:稲山)(査読有)

赤松利恵,稲山貴代,衛藤久美,神戸美恵子,岸田恵津:特別報告:提案書:望ましい食習慣の形成を目指した学校における食育の評価.日本健康教育学会誌,第23巻第2号,145-151,2015(連絡責任者:赤松)(査読有)doi.org:10.11260/kenkokyoiku.23.145

赤松利恵,稲山貴代,衛藤久美,神戸美恵子,岸田恵津:特別報告:提案書:望ましい食習慣の形成を評価する学校における食育の進め方.日本健康教育学会誌,第23巻第2号,152-161,2015(連絡責任者:赤松)(査読有)doi.org:10.11260/kenkokyoiku.23.153

Nobuyo TsunodaTakayo Inayama*, Kikuko Hata, and Jun Oka: Vegetable dishes, dairy products and fruits are key items mediating adequate dietary intake for Japanese adults with spinal cord injury. Spinal Coad, 53(11), 786-790, 2015. doi: 10.1038/sc.2015.78(Corresponding author: Inayama(査読有)

藤田誠一,吉池信男,稲山貴代,中筋直哉:公共政策の視点からみた地域社会における食育の可能性,日本食育学会誌,第9巻第2号,197-205,2015(連絡責任者:藤田)(査読有)

Nobuyo Tsunoda, Takayo InayamaKikuko Hata and Jun Oka: Key dietary behavioral and environmental factors mediating dietary variety among Japanese adults with spinal cord injury. Int J Nutr & Food Sci, 4(1), 111-117, 2015. doi: 10.11648/j.ijnfs.20150401.25 (Corresponding author: Inayama)(査読有)

【2014年

秦 希久子中村彩希:"障害と多様性に関する環太平洋国際会議(Pacific Rim)"参加報告,日本健康教育学会,第22巻第4号,340-341,2014(連絡責任者:)(査読有)

中村彩希秦 希久子稲山貴代:障がい者スポーツコミュニティに属する肢体不自由者の食生活満足度と関連する行動/行動と関連する中間要因,準備要因.日本健康教育学会第22巻第4号,285-296,2014(連絡責任者:稲山)(査読有)

秦 希久子稲山貴代,松下宗洋,篠田粧子:周囲からの支援/社会参加と食生活との関連 -自立/自律している男性脊髄損傷者の支援的環境づくりを目指して-.栄養学雑誌第72巻第4号,233-242,2014(連絡責任者:稲山)(査読有)

Takayo Inayama, Yukiharu Higuchi, Nobuyo Tsunoda, Hisako Uchiyama, and Hajimu Sakuma: Associations between abdominal visceral fat and surrogate measures of obesity in Japanese men with spinal cord injury. Spinal Coad, 52(7), 556-563, 2014, doi:10.1038/sc.2014.162(Corresponding author: Inayama)(査読有)

K Kiuchi, T Inayama, Y Muraoka, S Ikemoto, O Uemura and K Mizuno: Preliminary study for the assessment of physical activity using a triaxial accelerometer with a gyro sensor on the upper limbs of subjects with paraplegia driving a wheelchair on a treadmill. Spinal Coad, 52(7), 556-563, 2014, doi:10.1038/sc.2014.70(Corresponding author: Inayama)(査読有)

中村彩希秦 希久子稲山貴代:障がい者スポーツコミュニティに所属している成人肢体不自由者の食生活の包括的評価.栄養学雑誌,第72巻第2号,91-100,2014(連絡責任者:稲山)(査読有)

健康運動指導士養成講習会テキスト(下):第15章 栄養摂取と運動.6.栄養・食事指導の基本(1)(2)(p737-743),公益財団法人健康・体力づくり事業財団,2014

社会・環境と健康(共著)改訂第4版:田中平三,德留信寛,辻 一郎,吉池信男 編,第5章. C.身体活動,運動(p130-136),南江堂,2014

公衆衛生実践キーワード ー地域保健活動の今がわかる 明日がみえる:鳩野洋子,島田美喜編集,稲山貴代担当:食育・食環境整備・食品分野におけるリスクアナリシス,p20-25,医学書院2014

2013年

秦 希久子:障がい者のスポーツ支援における多職種連携と食育.保健の科学,第55巻第9号,635-639,2013(連絡責任者:秦)

秦 希久子稲山貴代:在宅脊髄損傷者の食生活満足度に関連する食物摂取状況・行動・食環境要因.栄養学雑誌,第71巻第3号,138-144,2013(連絡責任者:稲山)(査読有)

稲山貴代,横瀬道絵,角田伸代,内山久子,佐久間 肇,樋口幸治,岡 純,加園恵三:推定方法の違いによる在宅の脊髄損傷者の推定エネルギー必要量についての検討.栄養学雑誌,第71巻第2号,59-66,2013(連絡責任者:稲山)(査読有)

秦 希久子,内野美恵:ロンドン2012パラリンピック競技大会栄養サポート報告.栄養学雑誌,第71巻第1号,46-48,2013(連絡責任者:秦)(査読有)

稲山貴代:障がい者アスリートのための栄養:国際パラリンピック委員会からの提言.栄養学雑誌,第71巻第1号,44-45,2013(連絡責任者:稲山)(査読有)

栄養教育論 理論と実際(共著):日本栄養改善学会監修,武見ゆかり,赤松利恵編,第7章-7.アスリートを対象とした栄養教育(p129-132),第7章-8.障がい者を対象とした栄養教育(p132-136),医歯薬出版,2013

 

続きの記事を読む

シンポジウムなど

近年のものについて紹介します。

稲山貴代:自立/自律している身体障がい者の健康支援を目指して --栄養・食生活分野の方略--.第15回日本健康支援学会年次学術大会,教育講演,演者,東京(電気通信大学),2014

矢澤正人,戸原 玄,脇本景子,武井典子,稲山貴代:食べることを「口」から考えてみる ー栄養と口腔保健とのコラボレーション.第21回日本健康教育学会,シンポジウム,企画・座長,東京(首都大学東京),2012

続きの記事を読む

国際学会発表

下線は稲山研学生・元学生・スタッフです

Kikuko Hata and Takayo Inayama: Association of social support and social participation with dietary lifestyle among community-dwelling men with spinal cord injuries in Japan. The Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity, (Honolulu, HI: Hawai'i Convention Center), 2015.5.18-19.

Wakako Tatsuta, Kikuko Hata and Takayo Inayama: Food Intake Associated with Taking Care of diet in Community-dwelling Individuals with Physical Disabilities in Japan. The Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity, (Honolulu, HI: Hawai'i Convention Center), 2015.5.18-19.

Saki Nakamura, Takayo Inayama, Kikuko Hata, Munehiro Matsushita, Masaki Takahashi, Kazuhiro Harada, Takashi Arao: Associations of Household Income and Education with Eating Behaviors in Japanese Adults: A Cross-sectional Analysis. 12th Asian Congress of Nutrition, (Yokohama, Japan), 2015.5.14-18

Kazunori Ohkawara, Saki NakamuraKikuko Hata, Masashi Miyashita, Junichi Nagasawa, Yoshio Nakata, Jun Oka, Takayo Inayama: Effects of Japanese Dietary Pattern on Body Weight Control and Anti-Aging: An Interventional Study. 3rd international conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism (RACMEM 2014), (Kao Corporation, Tokyo, Japan), 2014.10.10-12.

Satoshi ISHIZAKI, Mikinobu YASUMATSU, Seidai NISHIKAWA, Takayo INAYAMA and Haruhiko TOGARI: Characteristics on running performance and physical response  of Japanese football players in their 70s. 4th World Conference on Science and Soccer, (University of Portland, Portland, OR, USA), 2014.06.05.-07.

Kikuko Hata and Takayo Inayama: Association between Self-rated Health/Dietary Satisfaction and Food Intake, Behavioral, and Dietary Environmental Factors in Community-dwelling Individuals with Spinal Cord Injury in Japan. The Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity is celebrating its 30 anniversary in 2014 (2014), (Honolulu, HI: Hawai'i Convention Center), 2014.5.19-20.

Saki NakamuraKikuko HataTakayo Inayama: Association between Dietary Satisfaction and Dietary Factors: A Pilot Study of Community-dwelling Individuals with Physical Disabilities in Japan. The Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity is celebrating its 30 anniversary in 2014 (2014), (Honolulu, HI: Hawai'i Convention Center), 2014.5.19-20.

続きの記事を読む

国内学会発表

下線は稲山研学生・元学生・スタッフです

【2017年】

山中恵里香,大河原 一憲,岡崎 勘造,稲山 貴代:知的障害がある児童・生徒の中強度以上の身体活動時間(MVPA時間)に相当する歩数の推定,第26回日本健康教育学会学術総会,東京都新宿区(早稲田大学),2017年6月24日-25日

中村彩希稲山貴代,原田和弘,荒尾 孝:成人の野菜摂取量の格差縮小に効果的なwebベース食教育プログラムの検証:ランダム化比較試験,第26回日本健康教育学会学術総会,東京都新宿区(早稲田大学),2017年6月24日-25日

辰田和佳子稲山貴代:障がい者総合スポーツセンターの食教育事業における連携可能性の検討,第26回日本健康教育学会学術総会,東京都新宿区(早稲田大学),2017年6月24日-25日

西中川まき稲山貴代,根本裕太,北畠義典,荒尾 孝:小学5年生を対象とした食事バランスガイドを用いた食教育プログラムの介入効果の検討-準実験デザインによる学校介入研究-,第26回日本健康教育学会学術総会,東京都新宿区(早稲田大学),2017年6月24日-25日

秦 希久子稲山貴代:自立/自律して生活する脊髄損傷者の食生活リテラシーと食生活で困っていることの関連,第26回日本健康教育学会学術総会,東京都新宿区(早稲田大学),2017年6月24日-25日

中村彩希稲山貴代,荒尾 孝:成人の野菜摂取行動の変容を予測するプログラム構造―世帯収入別の検討―,第18回日本健康支援学会年次学術集会,東京都目黒区(東京工業大学),2017年3月9日-10日

【2016年】

瀑布川竜次,柳井啓司,稲山貴代,大河原一憲:画像による料理サイズの主観的評価における推定誤差の検討,第63回日本栄養改善学会学術総会,青森県青森市(リンクステーションホテル青森他),2016年9月7‐9日

山中恵里香,大河原一憲,岡崎勘造,稲山貴代:特別支援学校に通う知的障害のある児童・生徒の日常生活での活動時間についての検討,第63回日本栄養改善学会学術総会,青森県青森市(リンクステーションホテル青森他),2016年9月7‐9日

秦 希久子稲山貴代,吉池信男:在宅で生活する脊髄損傷者の健康関連QOLおよび食生活満足度と食環境認知との関連,第63回日本栄養改善学会学術総会,青森県青森市(リンクステーションホテル青森他),2016年9月7日-9日

中村彩希稲山貴代,荒尾 孝:成人の望ましい野菜摂取行動を促す食に関する行動科学理論-世帯収入別の検討-,第63回日本栄養改善学会学術総会,青森県青森市(リンクステーションホテル青森他),2016年9月7日-9日

辰田和佳子堀内沙友里,高橋将記,稲山 貴代,岡 純,荒尾 孝:地域在住の自立高齢者における主観的健康感と関連する栄養,口腔機能および食生活の要素,第63回日本栄養改善学会学術総会,青森県青森市(リンクステーションホテル青森他),2016年9月7日-9日

赤松利恵,稲山貴代,衞藤久美,神戸美恵子,岸田恵津:学校における食育の評価はどうあるべきか~栄養教育研究会の活動を通して~,第25回日本健康教育学会学術大会,沖縄県恩納村(沖縄科学技術大学院大学),2016年6月11日-12日

山中恵里香,大河原 一憲,岡崎 勘造,稲山 貴代:特別支援学校に通う知的障害のある児童・生徒の日常の歩数と個人内要因・環境要因との関連,第25回日本健康教育学会学術総会,沖縄県恩納村(沖縄科学技術大学院大学),2016年6月11日-12日

中村彩希稲山貴代秦 希久子辰田和佳子山中恵里香,荒尾 孝:野菜摂取行動を行動目標としたwebによる栄養教育プログラムの開発および評価,第25回日本健康教育学会学術総会,沖縄県恩納村(沖縄科学技術大学院大学),2016年6月11日-12日

辰田和佳子稲山貴代:障害者スポーツセンターにおける食支援システム構築にむけたスタッフへの個別インタビュー報告,第25回日本健康教育学会学術総会,沖縄県恩納村(沖縄科学技術大学院大学),2016年6月11日-12日

瀑布川竜次,稲山貴代山田健悟,村岡慶裕,大河原一憲:モーションセンサによる車椅子利用者の日常生活活動評価の検討,第17回日本健康支援学会年次学術大会,愛知県名古屋市(名古屋学芸大学),2016年2月27日-28日

【2015年】

中村彩希稲山貴代秦 希久子,松下宗洋,高橋将紀,原田和弘,荒尾 孝:日本人成人における性別および世帯収入別の食物摂取行動特性の検討,第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡県福岡市(福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル),2015年9月24日-26日

秦 希久子辰田 和佳子稲山 貴代:自立/自律した脊髄損傷者が健康的な食生活を送るために必要とする支援-グループインタビュー調査より-,第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡県福岡市(福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル),2015年9月24日-26日

角田伸代,秦 希久子稲山 貴代:独居の男性脊髄損傷者においてソーシャルサポートは良好な食物摂取を導くための重要な要因である,第62回日本栄養改善学会学術総会,福岡県福岡市(福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル),2015年9月24日-26日

辰田 和佳子秦 希久子稲山 貴代障がい者スポーツコミュニティに属する成人肢体不自由者の食行動と強化要因・実現要因との関連,第24回日本健康教育学会学術総会,群馬県前橋市(中央公民館 前橋プラザ元気21 内),2015年7月4日-5日

秦 希久子辰田 和佳子稲山 貴代自立/自律して生活する脊髄損傷者が損傷後に食生活で困っていることと解決に必要な要素の検討-自由記述とグループインタビューによる質的調査-,第24回日本健康教育学会学術総会,群馬県前橋市(中央公民館 前橋プラザ元気21 内),2015年7月4日-5日

中村彩希稲山貴代秦 希久子,松下宗洋,原田和弘,荒尾 孝:日本人成人における良好な野菜摂取行動と食環境認知との関連-性別および世帯収入による違いの検討-,第24回日本健康教育学会学術総会,群馬県前橋市(中央公民館 前橋プラザ元気21 内),2015年7月4日-5日

中村彩希稲山貴代秦 希久子,松下宗洋,高橋将紀,原田和弘,荒尾 孝:日本人成人におけるヘルスリテラシーを介した社会経済的地位と食行動の関連,第16回日本健康支援学会年次学術集会,福岡県福岡市(あいれふ),2015年3月7日-8日(第16回日本健康支援学会年次学術大会優秀賞)

辰田和佳子稲山貴代秦 希久子中村彩希:障がい者スポーツコミュニティに属する成人肢体不自由者の食事にとても気をつける行動と関連する望ましい食物摂取行動,第16回日本健康支援学会年次学術集会,福岡県福岡市(あいれふ),2015年3月7日-8日

【2014年】

石﨑聡之,安松幹展,稲山貴代,西川誠太,戸苅晴彦:70歳以上のサッカー選手における試合中の生体負担度とプレーの特徴,第12回日本フットボール学会,東京都文京区(筑波大学東京キャンパス),2014年8月30-31日

中村彩希稲山貴代秦 希久子,松下宗洋,高橋将記,原田和弘,荒尾 孝:日本人成人における最終学歴と食環境認知に関する横断的研究,第61回日本栄養改善学会,神奈川県横浜市(パシフィコ横浜),2014年8月20日-22日

秦 希久子稲山貴代:在宅で自立/自律している脊髄損傷者は食生活の何に困っているのか,第61回日本栄養改善学会,神奈川県横浜市(パシフィコ横浜),2014年8月20日-22日

松下宗洋,原田和弘,高橋将記,中村彩希秦 希久子稲山貴代荒尾 孝:身体活動への支払い意思額を介した社会経済的地位と身体活動の関連,第23回日本健康教育学会学術総会,北海道札幌市(札幌市教育文化会館),2014年7月12日-13日

中村彩希稲山貴代秦 希久子,松下宗洋,高橋将記,原田和弘,荒尾 孝:世帯収入別にみた野菜の摂取行動と関連する食行動,第23回日本健康教育学会学術総会,北海道札幌市(札幌市教育文化会館),2014年7月12日-13日

中村彩希秦 希久子稲山貴代:コミュニティに所属している肢体不自由者の食生活満足度と関連する食生活要因,第15回日本健康支援学会年次学術集会,東京都調布市(電気通信大学),2014年3月8日-9日

秦 希久子稲山貴代:自立/自律した脊髄損傷者の食生活に関する要因の構造検討,第15回日本健康支援学会年次学術集会,東京都調布市(電気通信大学),2014年3月8日-9日

平川和幸,中村彩希秦 希久子稲山貴代,宮下政司,長澤純一,中田由夫,岡 純,大河原一憲:玄米飯を主食とした日本型食生活が抗酸化力に及ぼす効果,第15回日本健康支援学会年次学術集会,東京都調布市(電気通信大学),2014年3月8日-9日(学術大会優秀賞(ポスター発表)受賞)

【2013年】

藤田誠一,稲山貴代,吉池信男,中筋直哉:地域社会における食育のもつ可能性~多様な主体による「協働・機能拡大型」の食育~,第60回日本栄養改善学会,兵庫県神戸市(神戸国際会議場),2013(平成25)年9月12日-14日

柳 奈津代稲山貴代:児童と保護者の栄養・食生活の要因間の関連に関する系統的レビュー,第60回日本栄養改善学会,兵庫県神戸市(神戸国際会議場),2013年9月12日-14日

秦 希久子稲山貴代:在宅脊髄損傷者の社会参加,周囲からの支援と食生活との関連,第60回日本栄養改善学会,兵庫県神戸市(神戸国際会議場),2013年9月12日-14日

中村彩希秦 希久子稲山貴代:障害者スポーツセンターを利用している肢体不自由者における野菜の摂取状況と関連する食生活要因の検討,第60回日本栄養改善学会,兵庫県神戸市(神戸国際会議場),2013年9月12日-14日

稲山貴代中村彩希秦 希久子:障害者スポーツセンターを利用している肢体不自由者の食物摂取状況からみた食生活の包括的評価,第60回日本栄養改善学会,兵庫県神戸市(神戸国際会議場),2013年9月12日-14日

秦 希久子稲山貴代:在宅脊髄損傷者の健康度自己評価と関連する食生活要因についての検討,第14回日本健康支援学会,京都府京都市(同志社大学),2013年3月7日-8日

【2012年】

柳 奈津代稲山貴代,田中千晶,安藤貴史,薄井澄誉子,田中茂穂:幼児の体力と母親の食生活の準備要因との関連,第59回日本栄養改善学会,愛知県名古屋市(名古屋国際会議場),2012年9月12日-14日

高杉一恵秦 希久子稲山貴代:在宅脊髄損傷者の食物摂取状況と行動および知識・態度・スキルとの関連について,第59回日本栄養改善学会,愛知県名古屋市(名古屋国際会議場),2012年9月12日-14日

秦 希久子稲山貴代:在宅脊髄損傷者のQOLと食生活の関連要因についての検討,第59回日本栄養改善学会,愛知県名古屋市(名古屋国際会議場),2012年9月12日-14日

大滝裕美,西川誠太,稲山貴代:サッカークラブに所属する男子中学生・高校生の食生活の評価枠組みの構造の検討,第59回日本栄養改善学会,愛知県名古屋市(名古屋国際会議場),2012年9月12日-14日

小梅川 佳之,荒尾 孝,北畠義則,稲山貴代:中年期の運動意識および運動習慣と関係する過去の要因,第21回日本健康教育学会,東京都八王子市(首都大学東京),2012年7月7日-8日

秦 希久子稲山貴代:在宅で生活する脊髄損傷者の食生活の評価ならびに影響をおよぼす要因についての検討,第21回日本健康教育学会,東京都八王子市(首都大学東京),2012年7月7日-8日

続きの記事を読む

研究助成等

科学研究費補助金】

平成28年度科学研究費補助金,研究種目:特別研究員奨励費,成人の良好な食行動の獲得に有効な集団介入プログラムの開発-収入格差からの検討-,(研究代表者:中村彩希

平成26-28年度科学研究費補助金,研究種目:基盤C(一般),身体障がい者の健康づくりに有効な社会環境の質の評価と支援的地域づくりに関する研究,(研究代表者:稲山貴代,連携研究者:角田伸代,岡 純)

平成25-27年度科学研究費補助金,研究種目:挑戦的萌芽,健康格差を解消する地域集団介入戦略の開発,(研究代表者:荒尾 孝,分担研究者:稲山貴代協力研究者:中村彩希

平成23-25年度科学研究費補助金,研究種目:基盤C(一般),在宅の車椅子利用者の生活の質と健康を保つための栄養・食生活支援に関する研究,(研究代表者:稲山貴代,連携研究者:池本 真二,角田伸代,岡 純)

平成20-22年度科学研究費補助金,研究種目:基盤C(一般),児童の健康的生活習慣獲得を目的とした介入プログラムの開発,(研究代表者:荒尾 孝,連携研究者:劉 莉荊,稲山貴代,北畠義典)

平成17-18年度科学研究費補助金,研究種目:萌芽研究,課題番号:17650231,新しい鉄強化食品開発のための鉄供給源となる食品素材としての鉄含有乳酸菌の有効性(研究代表者:稲山貴代,研究分担者:篠田粧子,岡 純)

【その他研究費補助金】

平成29年度公益信託仲谷鈴代記念栄養改善活動振興基金研究助成,研究題目:ダウン症児の望ましい身体活動の目標値の提案―栄養管理・指導計画のための検討資料作成をめざして―,(研究代表者:山中恵里香,共同研究者:稲山貴代,大河原一憲,岡崎勘造)

【その他】

平成26年〜平成28年 首都大学東京 2020未来社会研究プロジェクト【カテゴリー:ボランティア・地域貢献・スポーツ】:2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた大学支援プログラム展開のための基礎的・実践的研究,研究代表者:舛本直文,共同研究者:新田 収,稲山貴代,信太奈美

平成26年度株式会社ファナティック受託研究:社員食堂クラウドシステムを活用した「健康な食事」サービスに関する検討(東京都中小企業振興公社平成26年度新製品・新技術開発助成事業:従業員食堂クラウドシステムの開発,株式会社ファナティック社内 義弘代表)

平成26年度全国大学体育連合 大学体育研究助成(地域貢献実践研究):大学体育施設を利用した高齢者の運動教室が体力およびメンタルヘルスに及ぼす影響,研究代表者:石﨑聡之,共同研究者:浜野 学,生方 謙,根岸輝彦,稲山貴代,中村大輔,内藤久士

2014年度パブリックヘルス科学研究助成金,身体不活動が高齢者のメンタルヘルスに及ぼす影響--うつ病バイオマーカーを用いた検討--,研究代表者:高橋将記,共同研究者:宮下政司,荒尾 孝,内田 直,稲山貴代

平成24年度:2012年度芝浦工業大学プロジェクト研究助成(大学間連携による共同研究),高齢者サッカー愛好者向けのトレーニング開発,研究者:石﨑聡之,連携先大学の共同研究者:稲山貴代,古賀 初

平成23-24年度:奈良県と早稲田大学の連携事業(研究班責任者:荒尾 孝):荒尾 孝,山口幸生,稲山貴代,早川洋子,塚原光良,原田和弘:健康をテーマとした宿泊メニューの造成

平成20年度:日本栄養士会 平成20年度栄養指導等に関する研究助成事業:脊髄損傷者の栄養・食事計画における安静時代謝量測定意義の検討,研究代表者:内山久子,研究分担者:角田伸代,横瀬道絵,佐久間 肇,繁田文子,岡 純,稲山貴代,加園恵三

平成19年度:シダックス(株)シダックス研究機構受託研究:スポーツ少年団を核とした保護者と指導者への食育支援システムづくりのための基礎的検討(研究代表者:稲山貴代),平成19年8月1日から平成20年1月31日

平成18年度:日本栄養士会 平成18年度栄養指導等に関する研究助成事業:継続した栄養アセスメントからみた施設特性に応じた栄養ケア・マネジメントマニュアルの検討−施設入所高齢者の個別エネルギーバランスアセスメントを中心に−,研究代表者:諸口陽子,研究分担者:柴田叔毅,竹内房江,大西紀子,池本真二,秋山由美,稲山貴代,山田裕理子,岡 純

続きの記事を読む